美容コラム はじめました。 詳しくはこちら

年齢でのホルモン量の変化

目次

女性ホルモンの年齢による変化

卵巣の機能は28歳がピークです。

35歳位から女性ホルモンエストロゲンの分泌がガクッと減り、閉経後しばらくすると分泌しなくなります。

エストロゲンは毛髪を発達させ、毛髪の成長期を維持させる働きがあります。

エストロゲンが減少することで、髪の成長期が短く、休止期が長くなってしまいます。

やがては一つの毛穴からでる髪の本数が減ったり、髪そのものが痩せたり、髪の色が薄くなったりして、全体的に薄毛になっていくと言うわけです。

更年期とは女性が閉経を迎える前後の5年間のことを言います。

一般的に50歳ぐらいで閉経を迎えるとされていますので、45~55歳位の期間を更年期と呼ぶことが多いです。

早い人でエストロゲンが急激に減る35歳位から不調が現れる女性もいます。

閉経後はしばらくすると分泌しなくなります。

加齢に伴う骨量の変化

女性ホルモンのひとつ、エストロゲンは、骨吸収を抑える作用があります。

閉経により、エストロゲンの分泌量が減ると、骨吸収を抑える力が弱くなり、骨吸収が増加してしまいます。

そのため、閉経後の女性では特に骨がもろくなりやすいのです。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる