美容コラム はじめました。 詳しくはこちら

低体温の人は朝が弱い?

目次

低体温の人は朝が弱い?

血圧より、自律神経のバランスがうまくいっていないことが原因。

人間は、夜寝ているときは副交感神経、つまりリラックスの神経が優位となり血管が開き、血流がよくなっている。

朝になるにつれて、徐々に交感神経が優位になり、交感神経がピークになったときに目が覚めれば「すっきり起きる」ことになります。

朝が弱い人は、自律神経の乱れにより、朝になっても交感神経が優位にならず、起きても血管が収縮しないために、脳の血流が維持できずに「ふらつく」ことになります。

良い睡眠は「すっきり目覚める」こと

長時間寝たのに朝起きて「なんとなくだるい・・」と感じる人は睡眠不足と言えます。

睡眠不足は、髪と頭皮においては頭皮の細胞や毛母細胞が修復せず、新たな細胞が作られにくくなり、徐々に髪が痩せ、抜け毛、薄毛につながってしまいます。

睡眠チェックリスト

□読書したり、テレビを観たりしていると眠くなる

□授業や講演を聴いていると眠くなる

□昼食後、眠くなる

□乗り物に乗ると眠くなる

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる