☆マスクでかゆくなる肌 〈topics〉 

新型コロナウイルス感染症対策でマスクが手放せなくなった日々。

マスクを着用する機会が増えたことよって肌トラブルに悩む方も多いのではないでしょうか。

[アンケートからもマスクトラブルに悩む人が多いのが分かります。]

マスクによって肌が荒れる理由として、摩擦、蒸れ、乾燥が挙げられます。

目次

摩擦

皮膚の一番表面にある角質層が外部の刺激から肌を守っています(バリア機能)。

しかし、マスクをしたまま話したり、マスクのズレを直したりすることで、摩擦が起き、ターンオーバーによる角質層の剥離以上に、少しずつ角質が削り取られます。

この角質が削り取られたことによりバリア機能(外部の刺激から肌を守る力)が低下し、肌荒れの原因となります。

また、バリア機能が低下することで外部からの刺激も感じやすくなってしまいます。

蒸れ

マスクの内側は、呼気によって温度と湿度が常に高い状態で、ニキビを引き起こすアクネ菌などの皮膚常在菌が過剰に増殖しやすい環境になっています。

そのため、マスクトラブルとしてニキビで悩まれる方も多くいます。

乾燥

マスクをつけている間は、呼気によって湿度が高くなっていますが、マスクを外すと一気に水分が蒸散します。

この時、肌内部の水分まで奪われてしまい、肌が乾燥します。

肌にとって保湿は重要ですが、過剰な水分と繰り返しの乾燥による過乾燥によって、痒みの原因や肌荒れを悪化させてしまいます。

コメント

コメントする

目次
閉じる